スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファー

2006年09月29日 11:47

ってことで、Furシェーダーを書きました。

たまには3Dのこともやらないとね('A`)

fur.png



原理はいたって単純。
一度 SRC = SRCALPHA, DST = ZERO でアルファに適当な数値(あるけ は0.1をいれた)で書き出して、次に SRC = SRCALPHA, DST = ONE で法線方向に頂点を延ばすようなシェーダーで加算していきます。
この法線方向に頂点を延ばすようなシェーダーを適当な回数(あるけ は10回にしてみた)で同じように適当なアルファ値(あるけ は0.1をいれた)で加算すると上のような絵ができます。

毛の色だけちょこっと変えることも出来たりします。
テクスチャはなるべくノイズが入ってるようなテクスチャのほうが毛っぽく見えるかな。


簡単なんで1時間もあれば出来ます。

頂点を延ばすところに風の力なんかをいれてやるとちょこっと風になびいたりすることも可能かも。

blog_rank
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://angra.blog31.fc2.com/tb.php/75-4e990784
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。