スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C++言語で関数型プログラミング 第1章

2006年08月25日 18:07

前回、どこまで書いたっけかなw

・・・・・前回の解説じゃちょっと飛んでるところも多いね、こりゃ。

まず、用語説明から。
 ・TCClosure  クロージャー(Closure)を実現するために あるけ が作ったテンプレートクラス
 ・Lambda   無名関数を扱えるようにした BOOST に入ってるトリッキーなテンプレートクラス
こんなもんかな。

他にはカリー化とかも知っておいた方がいいんだろうけど、あるけ 自体実は良くわかってないので省きますw



さて、前回は式のオブジェクト化を行えば Closure が出来そうなこととか、Lambda がどうやって動いてるのか?を簡単に説明しました。

Lambda 自体はすごく綺麗に動的に関数の生成を行えるように作られています。
しかし、実際問題として、Lambda を有機的に使うことはすごく難しいです。
なぜなら、この前の説明で作った ((_1 * 100 + _2 + 10)(1,2)) の左辺値を変数に格納しようとしたら、

boost::lambda::lambda_functor_base::sig::type boost::lambda::lambda_functor::operator ()(A &,B &) const'
 with
  Act=boost::lambda::arithmetic_action,
  Args=boost::tuples::tuple    arithmetic_action,boost::tuples::tuple    lambda_functor,
    boost::tuples::tuple>,
    const boost::lambda::detail::parameter_traits_    IF::RET>::type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::
    null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,
    boost::tuples::null_type>>>,boost::lambda::lambda_functor>,boost::tuples::null_type,
    boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,
    boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type>>>,const boost::lambda::detail::
    parameter_traits_::RET>::type,boost::
    tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::
    null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type>,
  SigArgs=boost::tuples::tuple    null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,
    boost::tuples::null_type>,
  T=boost::lambda::lambda_functor_base,boost::
    tuples::tuple    lambda_functor,
    boost::tuples::tuple    arithmetic_action,boost::tuples::tuple    lambda::placeholder<1>>,const boost::lambda::detail::parameter_traits_    IF::RET>::type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::
    null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,
    boost::tuples::null_type>>>,boost::lambda::lambda_functor>,boost::tuples::null_type,
    boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::
    tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type>>>,const boost::lambda::detail::
    parameter_traits_::RET>::type,boost::
    tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::
    null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type,boost::tuples::null_type>>,
  A=int,
  B=int

まぁ、こんな冗談みたいな長さのテンプレートを宣言しないと格納できないわけです(;´Д`)'`ァ'`ァ

これが Lambda を使用する場合のもっともとっつきにくい部分でしょう。
使える場面が少ないのと、使う場合は必ずテンプレート関数にしないといけないからです。
暗黙のテンプレート引数として使えば、別にどんな型だろうが使う側は知らなくてもOKですからね。


次は、Lambda がどうやって動いてるのかを説明しようと思います。
今日は忙しいのでさわりの部分だけw


blog_rank

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://angra.blog31.fc2.com/tb.php/70-9e7c1c38
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。