スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

is系関数 追加(マルチバイト対応編)

2006年06月25日 01:31

テキストエディタを作ってて、ちょっとわからなかった時に調べてメモった内容を残しておきます。
誰かの役に立つかもしれないしね(・∀・)



ってことで、表題の通りマルチバイト対応の is系関数を書いておきます。
全て条件に当てはまれば 0 以外が返ります。

  _ismbchira
    「ひらがな」かどうか調べる
  _ismbckata
    「カタカナ」かどうか調べる
  _ismbclegal
    マルチバイト文字かどうか調べる
  _ismbcl0
    漢字以外の全角文字(ひらがな、カタカナ、英数字含む)
  _ismbcl1
    JIS 第一水準
  _ismbcl2
    JIS 第二水準
  _ismbcsymbol
    記号などの全角のシンボル(■とか○とか)


また、 isprint や isalpha などはマルチバイト文字を渡すと assert する場合があるのでそれを起こさないようにマルチバイト文字に対応している関数を呼ぶ必要があります。
なので、それ系の関数も ..._〆(゚▽゚*) メモメモ。

 _ismbcalnum
  英数字 (A ~ Z、a ~ z、または 0 ~ 9)。
 _ismbcalpha
  英字 (A ~ Z または a ~ z)。
 iswascii
  ASCII 文字 (0x00 ~ 0x7F)。
 iswcntrl
  制御文字 (0x00 ~ 0x1F または 0x7F)。
 _ismbcdigit
  10 進数 (0 ~ 9)。
 _ismbcgraph
  空白 ( ) を除く印字可能な文字。
 _ismbclower
  英小文字 (a ~ z)。
 _ismbcprint
  空白を含む印字可能な文字 (0x20 ~ 0x7E)。
 _ismbcpunct
  区切り記号。
 _ismbcspace
  空白文字 (0x09 ~ 0x0D または 0x20)。
 _ismbcupper
  英大文字 (A ~ Z)。
 iswxdigit
  16 進数 (A ~ F、a ~ f、または 0 ~ 9)。



blog_rank
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://angra.blog31.fc2.com/tb.php/50-fe926456
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。