スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列と行

2005年10月19日 11:38

3Dプログラムをやってると行列を絶対扱うことになるわけですが、
さて、この行列、列と行からなっています。

いっつも、「あれ?列って縦だっけ?横だっけ?」と悩むんで、ブログに書き残しておこうかと思いますw

それで結論はっていうと、、、
 行(row)   :横
 列(column)  :縦
ですね。

なので 4x5 の行列は4行5列の行列って意味なので、、、
 11, 12, 13, 14, 15
 21, 22, 23, 24, 25
 31, 32, 33, 34, 35
 41, 42, 43, 44, 45
ってなります。

簡単なことだけど、意外と忘れてたりします。
そんでもって、cgGL でシェーダーに行列を設定するときに呼び出す関数では
列のオーダーで渡すのか行のオーダーで渡すのかでコールする関数名が違ったりします。
また、もちろん列ベクトルと行ベクトルを掛けた結果が行列にもなったりしますから
(当然掛ける方向によって出来上がる行列は変わってくる)
結構重要な違いだったりするわけですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://angra.blog31.fc2.com/tb.php/4-fd6160eb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。