スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピポーラ幾何

2009年03月24日 00:12

うーむ。。やっぱり時間が空いちゃうよね。。
あまり更新できてないのがつらい。

ってことで、エピポーラ幾何についての説明でもぼちぼち書いていきます。
自分の知識の整理にもなるし。
金出先生の因子分解法ぐらいまでいければいいなぁ。

もうちょっと進んで、SIFT や SURF なんていう、割と最近の話題まで取り上げられたら幸いです。

んだが、まずはじめにエピポーラ幾何から説明します。


エピポーラ幾何って言うのは二つのカメラとそのカメラが投影した映像に関する幾何学です。
当然、カメラが撮影している空間は共通の空間になります。
CGみたいな、完全に制御されていて座標まで正確に取れるのなら、ものすっごい簡単な理屈なんだよね。
数式の変形とちょっとした代数を使えばできるから。

ってことで、次回からはちょっとずつ説明していきます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://angra.blog31.fc2.com/tb.php/134-86d04ef2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。