スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついでに

2007年11月28日 01:17

自分用のしおりとして残しておきますw

前回言ったGJKアルゴリズムとペナルティー法を組み合わせるのは自分が思ってたよりも手軽にできました。
実装時間は大体4時間ぐらい?かな。
バネモデルを使った布シミュは作ったことがあったので早く実現できました。

ついでに用語の説明。
ペナルティー法っていうのは、物体同士の当たりが起こった際、侵食された(めり込んだ)分に比例した斥力を適応する一種のバネのことを指すようです。
かなり適当な説明ですがw

当然、場合によっては埋まりまくります。
また、たまに不自然な動きもしますw
しかし、どうせ適応するのはゲームなんで多めに見てくださいw

とりあえず、なんとなく物理シミュレーションもどきが出来たので、次はペナルティー法を使うのではなく、解析力学的な処理も実現したいと思います。
ODEで使用されてる方法です。ヤコビアンとか使うやつね。
前作ったシンプレックス法のプログラムも使えそうだし。多分w

ただ、その前に片付けないといけないこともあるので、しばらく先になりそうです('A`)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://angra.blog31.fc2.com/tb.php/108-9ef44102
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。