スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩工学 その3

2007年08月23日 23:49

やっぱり前々回から続いています(・∀・)

前2つの記事を見てから見てください。

今回はレンズフィルタの実装方法を考えていこうと思います。
フォトショップにあるやつです。
画像をセピア色にしたり暖色系の色にしたりするやつですね。


レンズフィルタの実装方法


まず手順として、

 1 :こことかここの文献を参考に、画像の色データを分光分布のデータにします。
 
 2 :分光分布データができたら、そのスペクトルに対して、フィルタの分光分布データを積算します。
   このとき、フィルタをかける前に輝度情報(三刺激値での Y 値)を保存しておくといいでしょう。
 
 3 :フィルタをかけた分光分布データを(三刺激値 = XYZ)に戻します。
 
 4A:もしフィルタ後の輝度を戻す必要がないなら、そのままXYZデータから色データを復元します。
 
 4B:もしフィルタ後の輝度をフィルタ前の輝度と同じにしておきたい場合は、XY 座標にします(色の単位化)
   これで、輝度情報が抜けた状態になるので、保存しておいた輝度を使って色を復元させます。


あ、XY座標系とかに変換する式は自分で探してみてください。
google先生に聞けばすぐわかると思います。
  
実際にフォトショップのレンズフィルタでやってることはこれと同じことでしょう(たぶん)

また、色温度によって見え方を変化させたい場合は、画像の分光分布を出した後、
標準的な光源といわれるD65(色温度6500Kの照明)の係数で割ってから、
色温度ごとの光源の分光分布(例えばA光源など)で再計算すればいいと思われます。



、、、結局、一番初めの分光分布に戻すところがワケワカランでしたが('A`)


今回の技術を応用すれば、たとえばGPUでレンダリングした画像を加工してリアルタイムにレンズフィルタをかけるなんてことも出来ちゃうかも。

色々表現の幅は広がると思うんだけど、いかんせん処理は重そう・・・。

最初の文献で紹介されている方法を使って、
Cyan、Magenta、Yellow、White、Red、Blue、Green の波長の係数で分光分布を再現する方法はなかなか面白そう+使えそうですよね。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://angra.blog31.fc2.com/tb.php/101-d557ab39
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。