スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDC2008 グラフィック

2008年03月05日 00:40

西川さんによるGDC2008のレポートが掲載されていたので紹介。

西川善司の3Dゲームファンのための「GDC 2008最新ゲームエンジン」講座
前編 http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080228/3de.htm
後編 http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080229/3df.htm


この前紹介したリアルタイム Ambient Occlusion ってScreen Space Ambient Occlusion って名前でSiggraph2007でも出てたのね。
Finding Next Gen CryEngine2
(真ん中ぐらいのページ)

いろんな会社が実装してきてるねぇ。。
けど、SSAOってかなり擬似的な部分でしか使えない気もするんだけど・・・。

空中に浮いてるような物体があると、その物体の輪郭の外(近傍のピクセル)が暗くなってしまう気がするんですが・・・。
きちんとした解説を読みたいなぁ。
スポンサーサイト


コメント

  1. じゅん | URL | -

    はじめまして。初投稿です。
    私は大学院生でLCPの研究をしています。
    検索してたらこのブログを見つけ、
    コメントしたくなった次第であります。

    管理人様は社会人とお見受けしますが
    研究のようなことをやっていらっしゃるのですね。

    更新を楽しみにしておりますので、
    また書き込みさせてくださいね。では。

  2. あるけ | URL | -

    はじめまして、じゅんさん。

    本当は更新をしたいのですが、ちょっと立込んでまして・・・。
    LCPは大規模な問題では内点法がいいと思うんですけど、3Dとかの間接の制約なんかではレムケ法のほうがいい気がするんですよね。
    レムケ法もシンプレックス法の発展系でわかりやすいですし。

    3月中にはLCPを解くサンプルプログラムを上げたいと思っているので、気長にお待ちくださると助かります( TД⊂ヽ

  3. とおりすがり | URL | MgPICMPo

    >空中に浮いてるような物体があると、その物体の輪郭の外(近傍のピクセル)が暗くなってしまう気がするんですが

    実際にCryEngine2上で確認してみると日影の中でのみ物体の周囲が黒いモヤが出ます(直接光が当たっている場所だと黒モヤは出ない)。まぁSSAOの強度を上げすぎなければ大して目立ちません。

    SSAOはCrysisで初めて使われたものですが、これはCryEngine2の標準機能として実装されているのでゲームに付属しているエディターを使えば設定を弄くりながら確認できますよ。別にゲームを買わなくても無料体験版にもエディターは付属しています。

  4. あるけ | URL | -

    >とおりすがりさん
    なるほど~。けど、あのやわらかい影は面白いですよね。
    Crysis、無料体験版にもエディターがついてくるんですね。ちょっと触ってみようかな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://angra.blog31.fc2.com/tb.php/118-e11c7c6a
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。